生漢煎 美容

生漢煎 防風通聖散の飲み方や飲み合わせ調べてみた。妊娠中・授乳中に飲んでもいい?

ダイエット、内臓脂肪に効果が期待できると評判の生漢煎 防風通聖散は累計販売数30万箱を記録しています。

生漢煎 防風通聖散をどうやって飲むのが効果的なのか、知りたいですよね。
そこで最も効果が高い飲み方について調べてみました。

また、生漢煎 防風通聖散と他の薬や飲み物、食べ物との飲み合わせによっては、効果が弱まったり、副作用が強く出たりしてしまうことがありますので、飲み合わせの注意点を調べてみました。

生漢煎 防風通聖散の効果的な飲み方

1回1包を1日3回、朝昼夕の食前または食間に服用します。

ちなみに食間とは、食事と食事の間を意味するもので、食後約2~3時間のことをいいます。

生漢煎防風通聖散は水やぬるま湯と一緒に服用する飲み方が基本です。

生漢煎 防風通聖散の飲み合わせ

生漢煎 防風通聖散を服用している間は、作用が弱まる可能性があるため、下剤の服用を控えてください。

緑茶やコーヒー、ジュースも生漢煎防風通聖散の働きに悪影響が出る可能性があるのでやめましょう。

また、オブラートに包んで飲むのは、薬の吸収が悪くなるのでやめましょう。

妊娠中もしくは妊娠していると思われる人

妊娠中もしくは妊娠していると思われる人は、生漢煎 防風通聖散を服用する前に医師や薬剤師にご相談ください。

授乳中の人

授乳中の方は、授乳中に生漢煎 防風通聖散を服用すると、薬の成分が母乳に移行して、乳児の下痢を引き起こす可能性があるため、

授乳中の人は生漢煎 防風通聖散を服用しない、もしくは生漢煎 防風通聖散を服用する場合は授乳を避けるのが無難です。

使用上の注意(服用前に相談すること)

以下の事項に当てはまる方は、本剤を服用する前に医師や薬剤師にご相談ください。

  • 医師の治療を受けている人
  • 身体の虚弱な人(体力の衰えている人、身体の弱い人)
  • 胃腸が弱く下痢しやすい人
  • 汗をかきやすい傾向のある人、多汗症の人
  • 高齢者
  • 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみなどを起こしたことがある人
  • むくみや排尿困難などの症状がある人
  • 高血圧、心臓病、腎臓病、甲状腺機能障害の診断を受けた人

また、15歳未満は服用できませんので、ご注意ください。

まとめ

  • 生漢煎 防風通聖散は1回1包を1日3回、朝昼夕の食前または食間に服用する
  • 生漢煎 防風通聖散は水またはぬるま湯で服用する
  • 妊娠中の人は生漢煎 防風通聖散を服用する前に医師や薬剤師に相談する
  • 授乳中の人は生漢煎 防風通聖散を服用しない

<< 生漢煎 防風通聖散の評判・口コミについてはこちら >>

-生漢煎, 美容

Copyright© HOMMIE , 2020 All Rights Reserved.